--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-03

【ハロウィンの夜にはかぼちゃと携えて】あとがき

【ハロウィンの夜にはかぼちゃと籠を携えて】[中世欧州][ファンタジー]
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=79549
中世の村。
ハロウィンなのをいいことに村を抜け出し、大人しか入ることを許されていない森を越えて隣村まで驚かせに行こうとした少年ウィル。
しかし森は想像以上に深く暗く、現在地もわからないまま迷ってしまう。
そこに腹を空かせた獣がやってきて――。

リメイクでも何でもなく、完全な新作です。
せっかくpixivでの小説の企画。
一点だけじゃ勿体無い、ということで一日で書き上げた思い出があります。
ハロウィンが近かったこともあり、
そのモチーフで比較的楽に書き上げることができました。
(このあとの二作は捻り出した感じがします)

タイトル。
前の作品が【Fの物語】という簡潔で短いものだったので、長いものにしようと。
語呂や雰囲気が気に入っています。

命名。
ウィル:ウィル・オー・ウィスプから。西洋の鬼火です。ジャックでもよかったんですが。
トム:てきとーです。
エルザ:『ガンスリンガー・ガール』エルザ・デシーカから拝借。ゆかりがあるわけではなく、なぜか彼女が頭に浮かんだからです。
ラーフェン村:てきとー。
ヴァイル村:てきとー。
ちなみに書いている途中で、どっちがどっちの村だかわからなくなる事態が発生しました(笑)

続編。
実は、エルザが村を追われる話を書こうと思ったこともありました。
三分間で騎士団からエルザを逃がす、男の子の話。
その男の子の名前がウィルだったら、どきどきしませんか?

イラスト。
イラストがつく企画だったので、できるだけイメージしやすいような文章を心がけました。
筆者はなによりエルザの魔女装束が見たいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひとこと(*´ω`*)
=͟͟͞͞(๑•̀=͟͟͞͞(๑•̀д•́=͟͟͞͞(๑•̀д•́๑)=͟͟͞͞(๑•̀д•́
プロフィール

山田えみる

Author:山田えみる
山田えみると言います。
執筆歴:10年目
pixivで活動しています(*´ω`*)
よろしくお願いします。
http://www.pixiv.net/member.php?id=927339

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。