--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-01-12

【少年少女と滅びた世界】連載を始めます。

こんばんは。
最近、pixivのスタックフィードで物書きの方とお話しするのにはまっています。
そうだよ、わたしが求めていた交流ってこういうことだよ……!
この二三ヶ月でいろいろな夢が叶っています。
そんな山田えみるです。
ブログの記事の拍手ありがとうございます、嬉しいです(*´∀`*)

【少年少女と滅びた世界】[第一部(1)]
[未来][SF][人形][原稿用紙換算:613枚]
http://p.tl/t/148353
遥かな未来。
カタストロフと呼ばれる大破壊を生き延びた者は少なかった。
太陽は毒として大地に降り注ぎ、人々は窟に逃れることによって種を繋いでいた。
旧世界の遺産を発掘する採掘師ハル、それを手伝う幼馴染のセラ。
窟の長の娘のウィーナ。旧世界から蘇った自律人形ラプラス。
幼いころにいなくなってしまったディラック。
そして未だ舞台に上がらざる者たち。
かつて旧世界で解かれることのなかった疑問が彼らに投げかけられる――。
全五部で原稿用紙換算613枚(うち第一部は原稿用紙換算102枚)
第五回Powers大賞に落ちました(講評→http://shop.kodansha.jp/bc/kodansha-box/powers/kohyo_05.html)

2007年夏に380枚で仕上げて、2008年秋冬にリメイクをした作品です(*´∀`*)
わたしの中でダントツに長い物語ですが、それだけに思い入れがあります。
文字数にして約20万字。
各章で一人称の語り口の異なる群像劇です。
小説版『無限のリヴァイアス』の影響ですね(二巻マダー?)
【街角作家】で言及した小鳥姉の「誰が読むんだか知らないけど原稿用紙600枚のpdf」はこの作品です。

これから水曜日に一章ずつアップしていきます。
西向く侍さん(http://p.tl/m/2049029)の一言でアップする気になりました。
章区切りされているのでいつ完結するかもわかっているのですけど、
なにせ数字のインパクトがすごいのでここでは自粛します(笑)

【街角作家】(前編)
[現代][大学生][高校生][5001~10000字][姉弟]
http://p.tl/t/145442
将来に漠然とした不安を抱く高校三年生の大樹は、ある春の日に家出を決行する。
転がり込んだ先は大学生の姉、小夜啼小鳥のアパート。
小鳥は作家の夢を叶えるために、大学を休学していた。
やりたいことも夢もない大樹はそんな姉と生活をともにする。
ある日、小鳥は『街角作家』という面白そうなことを思いついて――。
前編後編あわせて、原稿用紙換算で50枚になります。
2011年1月のテーマ『作家』第二弾。

意外にも(?)好評なようで安心をするとともに、
コメントを見るとみるみる後編のハードルが上がっていくのを実感します(汗)
でも、こういう待たれている感じいいですね。
非常事態ということですぐに後編もアップしようと思いましたが、
ペースが乱れるので自粛しました(実は2月第二週まで予定が決まっていますw)

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「少年少女と滅びた世界」1話を読んだので

こちらを訪ねてみました、右左見ルミルです……!
すごく長い物語と聞いて、今から続きが気になりますw 一人一人視点を切り替える、ザッピング?的なお話なのでしょうか、そういうの好きです……!
それにしても講評がなかなか厳しいですね……。「あえて説明しない」やり方も必要ってことなんでしょうか……? でもその点、今回の「街角作家」はすごく良いと思います。「語らない」部分にすごく想像力をかき立てられる感じです。

あー……なんか私が賞を目指せるのか不安になってきましたw やっぱ難しいんですね、面白い小説を書くって……。私ももっと頑張らないとです……w

それであの、もしよければ、私のブログのほうからこちらにリンクを貼らせてもらっていいでしょう……か? もしよければ、お願いします……。
ひとこと(*´ω`*)
=͟͟͞͞(๑•̀=͟͟͞͞(๑•̀д•́=͟͟͞͞(๑•̀д•́๑)=͟͟͞͞(๑•̀д•́
プロフィール

山田えみる

Author:山田えみる
山田えみると言います。
執筆歴:10年目
pixivで活動しています(*´ω`*)
よろしくお願いします。
http://www.pixiv.net/member.php?id=927339

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。