--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-01-04

【幽霊作家】あとがき

こんばんは。
pixivプレミアムになった恩恵としてキャプションがだいぶ見やすくなった、山田えみるです。
っていうか、それ以外の機能があんまり使えません……。
pixivはイラストメインだものね(´・ω・`)

【幽霊作家】
[現代][大学生][幽霊][作家][猫][原稿用紙換算:24枚]
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=138653
平凡な大学生、山田詩織は自らの生命を絶った。
死ぬのは簡単だった、探せば迷うほどに方法論が転がっていたから。
けれど、眼を醒ましたのは自分の部屋。
彼女は幽霊となってしまっていた。
飼い猫のクロとともに過ごした、幽霊作家の一週間。
原稿用紙換算で24枚。
【幽霊はじめました】(http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=110261)のスピンオフでもあります。

幽霊作家、山田詩織
この作品を上げる少し前から(年末あたりです)、(*´∀`*)←これを意識的に使っていました。
山田詩織に山田えみるを重ねてくれればいいなと思い。
本当はこの作品を上げてから、リアルに一週間ほどネットから姿を消そうとも思ったのですが、
さすがにそれは洒落にならないので辞めておきました(笑)
逆に、山田詩織にも山田えみるが投影されています。
猫飼ってませんし、そもそも六畳一間には住んでいませんし、生きていますが(*´∀`*)
某巨大匿名掲示板~のくだりも自殺したこと以外は事実だったりします。

その話
ちょうど一年前くらいだったと思います。
某賞の最終選考に残っていた関係でたぶん調べられたのだと思います。
そのころはまだサイト運営していて、どうやって小説を読んでもらおうか悩んでいた時期で、
小説のPVを作ったら面白いんじゃないかと某ニコニコに何作か投稿していたんです(消しました)。
某巨大掲示板にて「こいつ、こんなことやってる」みたいな感じで動画を貼られて、
「こういうの引くわ。寒いよね」みたいなことを一言書かれただけです(わたしの見た限りでは)
ただそれだけのことなんです。
けれど、見ず知らずの人が『山田えみる』を名指しで貶してきたことに関してパニックになってしまって、
文字通り震えが止まらなくなってしまって。
急いで某SNSに書きこんで、リアル友人と物書き友人に励ましてもらった記憶があります(´・ω・`)
興味本位で、自分の名前でググるのは止めておいたほうがいいですよ(笑)

そのほか
あんまりあとがきとして書くことがないことに気が付きました。

山田詩織が思っていることは、たいていわたしが思っていることでもあります。
コンテンツ産業としての小説はもう終焉を迎えようとしています。
末期症状はかなり前から出ていて、そろそろ限界に近づいています。
昔は職業作家になろうと思ってはいたのですが、最近は優先度が下がってきました。
そんなことより、
イラスト畑の人たちのように、あるいは音楽畑の人たちのように、物書きさんともっと交流がしたいのです。
↑ここまで言いたいことがありすぎて、何度も書き直しました(笑)

[追記]
間違えた、今日火曜日だ(´・ω・`)
新年早々これだよ!><
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひとこと(*´ω`*)
=͟͟͞͞(๑•̀=͟͟͞͞(๑•̀д•́=͟͟͞͞(๑•̀д•́๑)=͟͟͞͞(๑•̀д•́
プロフィール

山田えみる

Author:山田えみる
山田えみると言います。
執筆歴:10年目
pixivで活動しています(*´ω`*)
よろしくお願いします。
http://www.pixiv.net/member.php?id=927339

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。