--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-28

ハロウィンスピンオフ二作あとがき

Guter Abend.
Ich bin Aimiele Yamada.
Weil es sehr kalt wurde, seien Sie bitte bei einen Körper vorsichtig.
Ich schreibe jetzt einen Roman.
Ich will es während dieses Jahres beenden.


・はじめに。
いまから【追憶の黄昏にはかよわい魔女の手を引いて】と【再会の夜明けには孤独な迷子の手を取って】という作品のあとがきをはじめますが、これは特殊な位置づけの作品なので説明させていただきます。
これは【ハロウィンの夜にはかぼちゃと籠を携えて】という作品の続編になっています。
ただし、この二作は分岐した二つの物語なので、もし続編をご覧になりたい方は、
お手数ですが【星降る聖夜祭には新たな物語の扉を叩いて】←こちらからお願いします。

【ハロウィンの夜にはかぼちゃと籠を携えて】 ← 原典
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=79549

【星降る聖夜祭には新たな物語の扉を叩いて】 ← 続編の分岐点
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=130880

【追憶の黄昏にはかよわい魔女の手を引いて】 ← 続編の分岐先[過去編]
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=130900

【再会の夜明けには孤独な迷子の手を取って】 ← 続編の分岐先[未来編]
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=130979

よし、説明できた(*´∀`*)
それでは、あとがき、やらせていただきます!(ロマサガ2七英雄ノエル風に)


【追憶の黄昏にはかよわい魔女の手を引いて】
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=130900

こちらはエルザ@ラーフェンの物語になっています。
本編を遡ること十五年、本編ではすでに廃墟になっていた村で起こった事件に焦点を当てています。

魔女の魔術はギリシャ語ベースになっています(ラーフェンはドイツ語圏です)。
真名関連の説明はこちらでしかしていないので、未来から先に読まれた方が納得するように配置しました。
一応、裏ネタとしては、エルザの母親がエルザを逃がすときに、真名で逃げてといってますよね。
これはすでに母親の魔術が発動しているので、エルザは逃げざるを得なかったわけです。

あとは本編での猫クッキーが思いの外、キーアイテムになりましたね。
あれは単に魔女と猫の組み合わせのイラストが観たかっただけのアイテムだったのに(笑)

ウィル@ラーフェンが想定以上にかっこよくなったのも、作者として驚きでした。
いやぁ、この二人に関してはほかっておいてもちゃんと動いてくれるので、書いていて楽しかったです。
実は、【竜愛ずる姫君】(未発表)という小説とクロスオーバーさせたくて、
トセノー騎士団が登場の予定でしたが、こちらは騎士道を厳格に守る騎士団なのでやめておきました。
一応、連合騎士団の隊長はトセノー家のものです(あいつが副隊長なのはそのため)
副隊長がエルザの家に眼をつける下りは、個人的にうまくパズルがはまったなと感じました。

これを読まれたあとに本編を読むと、またちがった味わいが楽しめると思います(*´∀`*)


【再会の夜明けには孤独な迷子の手を取って】
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=130979

こちらはウィル@ヴァイルの物語になっています。
本編から十年が経過し、森に入ることが許されたウィルの再会の物語です。

この小説を書くに当たって時間経過が重要になるので年表を作ったんです。
がちがちにしても詰まらないと思ってその数字のほとんどは出てきてませんが。
そのときに悩んだのが、本編でのウィルの年齢です。
……やっぱ幼すぎでしたかね(笑)

エルザ@小はもう少し口が悪い設定でした。
あんまりやり過ぎると、エルザ@ラーフェンのイメージががらがらと崩れていくのでやめましたがw
あと猫のクッキーにあんな意味があるなんて、作者も知りませんでした(笑)
まぁ、もともとエルザ@ラーフェンが、ラーフェンのお世話になっているみなさんにプレゼントするものでしたからね。

この未来編を書いたことにより、魔女狩りを指揮している黒幕的存在をようやく出せました。
設定上、この人、25年は魔女狩りやってるんですけどねw
ですが、さすがにこれのスピンオフはいまのところ書く気になれませんので、
本文にあるようにみなさんの脳内で想像してください(*´∀`*)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひとこと(*´ω`*)
=͟͟͞͞(๑•̀=͟͟͞͞(๑•̀д•́=͟͟͞͞(๑•̀д•́๑)=͟͟͞͞(๑•̀д•́
プロフィール

山田えみる

Author:山田えみる
山田えみると言います。
執筆歴:10年目
pixivで活動しています(*´ω`*)
よろしくお願いします。
http://www.pixiv.net/member.php?id=927339

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。